スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

HiRM バルバトス 完成!

HiRM ガンダムバルバトス、ようやく完成いたしました!

通常でも特別塗装&メッキ加工な豪華仕様なのに加え、
さらにメッキ加工を追加した超豪華仕様となっております。

まずはガンダムフレームから。
随分と華奢な印象となっております。
特に加工などはせず、スミ入れだけに止めてあります。



ツインアイだけはフィルムの貼り付けをしています。
ハセガワ『ミラーフィニッシュ』『クリアーグリーンフィニッシュ』
と重ね貼りをして、光を拾ってくれるようにしてあります。



つづいて外装を装着。
ホワイトパールの装甲、各色メッキパーツが光ります。



クロームメッキ、ブロンズメッキを追加したことで、
通常のハイレゾとは少し違った印象になっていると思います。
もちろんこちらもスミ入れ済みです。















武装についても、本来はメッキが使われていない箇所なので、
印象は大きく変わっていると思います。
バルバトス第6形態から持ってきたメイスですが、
付属してくれてたら完璧だったなぁと…



これらの武装を本体にマウント。
剣と砲身を背負う様はデスティニーさながら。
…フルメッキとなった滑空砲がちょっと目立ちすぎますかね(^-^;)






ではいよいよポージングへ。
プラモデルとしてはここが肝心ですが…ご覧ください!









しかし似合いますねメイス!
両手持ちもできますが、頭上に振り上げたポーズは無理でした…







本体頭頂より長い太刀なので、迫力は申し分ないです。
ただし、突き、頭上振り上げ、両手持ちなど、決まらないポーズも多数…





メイス太刀同時装備って劇中でありましたっけ?
ともかく恐ろしい組み合わせです…!
肩に担ぐのはギリギリできました(汗)





滑空砲は差し替えなしで展開させて構えることができますが、
なかなかうまく構えさせることは難しいように感じました…







肉弾戦もやりませんでしたけど一応。
腰の捻りが大きくできないので、こちらもポーズが限定されてしまいます…


いろいろなポーズをとらせてみましたが、
稼働についてはやはり苦手なようです…
可動域は思ったより狭く、可動箇所はほとんどが固く動かしにくく、
動かす間にこっちのパーツがポロリ、あっちのパーツがポロリ…(-д-;)
直立状態あるいは軽く膝を曲げるくらいのポーズで
飾っておくのが正解な気がします。

とはいえプロポーションはスタイリッシュでカッコよく、
ディテールやメッキ表現なども素晴らしい出来栄えであります。
オリジナルの泥臭さとは真逆の、気品さえ感じられる美しい機体…
自信を持って購入をオススメすることはできませんが、
オルフェンズ、バルバトス好きなら一考の余地はあるかと思います。


よろしければこちらも併せてどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
HiRM & 1/100 バルバトス 比較



関連商品

    


関連記事

2016-05-22 : HiRM バルバトス : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索

プレミアム バンダイ

作品一覧



MG バンシィ・ノルン LED

MG シナンジュ・スタイン

HG トライオン3 メタリック

BB ネオ・ジオング メタリック LED

BB 魔竜剣士ゼロ メタリック

BB 武者飛駆鳥 メタリック

HiRM ガンダムバルバトス

AK クィン・マンサ

アクセスカウンター

Since May/14/2015

プロフィール

レラシウ

Author:レラシウ
ひよっこモデラーです。ガンプラ中心に製作しています。

<当サイトについて>

ご意見・ご質問などはこちらまで
<管理人にメール>

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。