スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

塗装ブース製作 3 排気ダクト製作

自作塗装ブースの製作、マイペースにやっております。

材料や構図に頭を悩ませたり、
お店を探し回ったりするのもなかなか面白いものですね(^-^)


さて、今回は排気ダクト編です。

用意した材料はこちら↓




・ ダクト継手 150φ
・ ポリロート広口 150φ
・ アルミフレキ 150φ
・ レッドサイクロン用排気口アタッチメント
・ アルミテープ

換気扇の排気口の口径が150φなので、そちらに合わせたサイズで揃えました。
ただし、排気口アタッチメントの口径が100φとダクト径より小さいので、
ポリロートを使って緩やかなサイズダウンを図ります。

通常、排気をするためにはダクト径の分だけ窓を開ける必要がありますが、
アタッチメントを使用することで開け幅を狭くすることができます。



市販されているアタッチメントには2種類あります。
・ レッドサイクロン用アタッチメント 口径100φ
・ Mr.スーパーブース用アタッチメント 口径68φ
換気扇の排気口サイズによって選択するといいでしょう。
今回は口径の大きいレッドサイクロン用を選択しています。


では部品の加工から行っていきます。

ポリロートの先端を排気口アタッチメントの口径に合わせてカットします。



ダクト継手の片側にはポリロートを接続するため、
必要のない段落ち部分をカットします。




続いて、部品を接続します。

排気口アタッチメントと、カットしたポリロート、ダクト継手を
グルーガンを使用して接続します。



空気漏れがないよう、大げさに盛っておきます。

グルーが固まったらアルミフレキダクトに差し込み、
仕上げにアルミテープを巻いたら排気ダクトの完成です!



いい感じに仕上がりました(*´ω`*)


口径150φのダクトは相当な大きさなので、このような加工は必須だと思います。
中にはアタッチメントまで自作されている猛者も…!
風量も特に変化なしというレビューもあるので、使わない手はないでしょう。


これで排気ダクトの製作も無事完了しました。
次回はブースのフード部分を作っていきます!




関連商品

  


関連記事

2015-05-23 : 製作ツール : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索

プレミアム バンダイ

作品一覧



MG バンシィ・ノルン LED

MG シナンジュ・スタイン

HG トライオン3 メタリック

BB ネオ・ジオング メタリック LED

BB 魔竜剣士ゼロ メタリック

BB 武者飛駆鳥 メタリック

HiRM ガンダムバルバトス

AK クィン・マンサ

アクセスカウンター

Since May/14/2015

プロフィール

レラシウ

Author:レラシウ
ひよっこモデラーです。ガンプラ中心に製作しています。

<当サイトについて>

ご意見・ご質問などはこちらまで
<管理人にメール>

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。